白髪染めトリートメントで髪を茶髪に染めることはできる?

「白髪染めを使ってもっと明るい髪色にしたい!」

そう思われている方も中にはいるのではないでしょうか?

白髪染めというと黒髪にするイメージが強いですが、オシャレな女性や男性であれば、もしかすると黒髪以外の色に染めたいと望んでいる方もいるかもしれません。

そこで、白髪染めトリートメントで茶髪に染めることは可能なのかどうかをご紹介していきたいと思います。

白髪染めトリートメントで茶髪に染めることはできる?

それではさっそく、白髪染めトリートメントでは茶髪にすることができるのか見ていきましょう。

白髪染めトリートメントを使えば必ず茶髪に染まるというわけではなく、元々の髪色によっても染まり具合が変わってきます。

では、どのような髪色だと染まりやすいのかこれからご説明していきますね。

白髪染めトリートメントでも茶髪にすることは可能

現在の髪色から更に明るい色へ変えたいという場合に白髪染めトリートメントを使用しても、茶髪に染めることはできません。

しかし、明るい髪色から暗めの色に染めたい時や明るい髪色を維持したいという時には白髪染めトリートメントを使うことで茶髪に染め上げることができます。

また、そうした場合でも白髪染めトリートメントは発色を抑えた染料を使っているので、真っ黒な髪色になってしまうのを防ぐこともできますよ。

ヘアカラーをした後の髪を染めることもできる

白髪染めトリートメントはヘアカラー後の髪を染めることもできます。

ですから例え髪にブリーチをした後でも、黒髪や暗い色に戻すことができます。

さらに白髪染めトリートメントに含まれている美髪成分が、ブリーチやヘアカラーで傷んだ髪を補修してくれますよ。

そのため髪を染めて傷んでしまう前の髪質を取り戻すことができるのです。

白髪染めトリートメントはカラーバリエーションも豊富なので、黒色から茶色まで好きな色を選ぶことが可能です。

黒髪から茶髪にすることはできない

残念ながら、白髪染めトリートメントを使っても黒髪から茶髪へ染めることはできません。

なぜなら白髪染めトリートメントは髪から色を抜いて脱色するのではなく、髪の表面に色素を付着させることで白髪が染まるからです。

黒髪は白髪よりも発色が強く、染める力が強い染料を配合した白髪染めトリートメントであっても勝つことができません。

そのため黒髪の状態から白髪染めトリートメントで茶髪にしようと思っても、なかなか染まらないという結果になってしまうのです。

茶髪にしたい方必見!白髪染めトリートメントの選び方

では、ここからは茶髪にしたい方が白髪染めトリートメントを選ぶ時のポイントについてお伝えしていきますね。

茶髪に染まりやすい白髪染めトリートメントには、以下のような特徴があります。

明るい髪色にするなら天然植物・塩基性染料・HC染料がおすすめ

茶髪にするためには染める力が強い白髪染めトリートメントを選ぶことが重要です。

そうでないと、「白髪染めトリートメントを使っても髪が染まらなかった。」ということになってしまうかもしれません。

せっかく白髪染めトリートメントを使用してみたのに髪が染まらなければ、とてもガッカリしてしまいますよね。

ちなみに染毛力が強い成分には、以下のようなものがあります。

【アナトー・クチナシ・シコンエキス・ウコンエキス・ベニバナ・藍】

これらの天然植物から作られている染料を使うと、髪や頭皮の健康を守りながら白髪染めを行うことができますよ。

また、塩基性染料やHC染料は肌にまったく刺激がないというわけではないものの、低刺激で強い染毛力があります。

そのため敏感肌の方にもおすすめできる染料となっていますよ。

ただし、あまりに肌が敏感な方は使用する前に一度、パッチテストなどで使っても問題がないかどうかを確認しておきましょう。

美髪成分が多いと髪や頭皮をケアできる

多くの白髪染めトリートメントには、美髪成分が配合されています。

美髪成分が含まれていれば、髪や頭皮の若々しさをずっとキープしていくことができますよ。

そう考えると、やはり豊富な美髪成分が配合されている商品を選びたいと思いますよね。

白髪染めトリートメントに含有している美髪成分には、次のようなものがあります。

【フコイダン・アルギン酸・ミネラル・グルタミン酸・加水分解ケラチン・加水分解シルク】

このような成分が含まれている白髪染めトリートメントを選べば、白髪を染めながら指通りが良く美しい髪質へと近づけることができますよ。

なるべく危険な成分が含まれていないものを選ぶ

白髪染めトリートメントであっても注意しなければならないのが、かぶれやアレルギー反応を引き起こす危険な成分です。

市販のヘアカラーよりも安全に染めることができると思われがちな白髪染めトリートメントですが、中にはかぶれやアレルギー反応の原因となる成分が配合されていることもあります。

それらの成分には、ジアミンやタール系色素、または香料などがあります。

この中でも特に気を付けるべき成分がジアミンです。

場合によってはジアミンで強いアレルギー反応が起きてしまうこともあるので、白髪染めトリートメントを使う時には注意しましょう。

このように、危険な成分が含まれていないものを選ぶことでより安全に白髪染めをすることができますよ。

茶髪に染まりやすいおすすめ白髪染めトリートメント3選

最後に、髪を茶髪に染める時のおすすめ白髪染めトリートメントを3つご紹介していきます。

髪色を茶髪にしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

美髪成分 利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタなど全28種類

トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

香料 不使用
カラーの種類 4色

(ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック)

利尻ヘアカラートリートメントは白髪染めトリートメントの中でも特に人気があり、幅広い世代の方から愛されています。

それは染まりやすく、美髪効果に優れ、安全性が高いからというのが人気の理由なのだと思います。

また、利尻ヘアカラートリートメントに含有している利尻昆布のフコイダンが、持ち前のねばりで髪と頭皮を強い刺激から守ってくれます。

白髪染めとして優秀なので、初めて白髪染めトリートメントを使う方にもおすすめの商品となっていますよ。

ルプルプヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

美髪成分 ガゴメ昆布エキス
香料 ラベンダー、オレンジ、ローズマリー
カラーバリエーション 4色

(ブラウン・モカブラウン・ダークブラウン・ソフトブラック)

白髪染めトリートメントで常に上位をキープしているのがルプルプヘアカラートリートメントです。

ルプルプには香料が配合されていて、その匂いに癒されながら白髪を染めることができます。

それもツンとした癖のある香りではないので、使う時に気になりません。

また、利尻ヘアカラートリートメントと同様に、ルプルプにも肌に優しい染料や美髪成分が配合されていますよ。

危険性が高い成分も含まれていないので、安全に白髪を染めたい方にもおすすめです。

マイナチュレオールインワンカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,980円
染料 塩基性染料

HC染料

美髪成分 ウコン根茎、アシタバ葉、ローズマリー、アルテア根、ホホバオイル、アルガンオイル、アルニカ花、オドリコソウ花、カミツレ花
香料 不使用
カラーバリエーション 2色

(ブラウン・ダークブラウン)

マイナチュレオールインワンカラートリートメントは、2018年の3月に発売されたばかりの白髪染めトリートメント。

マイナチュレには、豊富な美髪成分が配合されています。

それぞれの美髪成分が、ダメージを受けて弱っている髪を支えてサポートしてくれますよ。

また、染料には塩基性染料やHC染料が使用されているので染まり具合も良いことが期待できます。

まとめ

白髪染めトリートメントで茶髪にする場合は、その時の髪色によって染まり具合が変わってしまうことが分かりました。

黒髪から茶髪にする、または暗めの茶髪からもっと明るい髪色にするという時にはあまり上手く染まらない可能性があるので、そういった時は違うヘアカラーを使うようにしましょう。

しかし髪色を明るい色から暗めの色に変える場合や、色が抜けてしまった状態から茶髪にするという時はよく染まるので白髪染めトリートメントを使用しても問題ありません。

自分の髪色や状態に合わせて、理想とするカラーに染めてみてくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白髪染めトリートメントで明るい色に染めたい!そんな時に役立つ商品はコレ!