白髪染めトリートメントで明るい色に染めたい!そんな時に役立つ商品はコレ!

髪色にもこだわってオシャレを楽しみたい方であれば、やはり白髪染めをするからと言って黒髪にはしたくないと考えている方もきっといるのではないかと思います。

たとえ白髪染めであっても、明るい色に染められるのなら染めたいものですよね。

しかし白髪を明るい色に染めるとなると、きちんと望み通りの色に染まるのか不安になってしまうことはありませんか?

ここではそんな白髪染めトリートメントで明るい髪色にしようかどうか悩まれている方に向け、失敗しない白髪染めの選び方やおすすめの白髪染めトリートメントまでご紹介していきます。

白髪染めトリートメントで明るい色に染める時の選び方

それではまず、白髪染めトリートメントで明るい髪色へ染める時の選び方から見ていきましょう。

白髪を明るく染めるためには次のようなカラーを選ぶと仕上がりがキレイになりますよ。

地毛の色に合わせてカラーを選択する

まずカラーを選ぶ時に優先して行いたいのが、地毛に近い色かどうかを確認するということです。

なぜなら白髪染めトリートメントは脱色を行わずに髪の表面へ色素を付着させて染めるタイプだからです。

そのため地毛とは全然違うカラーを選択してしまうと、かえって染まりづらくなってしまいます。

ですから自分の地毛は何色に近いのかというところにも着目して白髪染めトリートメントの色を選ぶようにしましょう。

白髪の量によっても染める色を変えてみる

白髪染めトリートメントの色選びでは、自分の白髪の量が多いか少ないかを考慮しながら選ぶことも大事です。

希望の色を選んだつもりでも、白髪の量によって染めた後の仕上がりが変わってくるからです。

ですので白髪の量が多い方は希望色より1トーン暗い色を、白髪の量が少ない方は逆に1トーン明るい色を選んでみましょう。

白髪を染めれば自然と明るい色に見えやすくなってしまうため、白髪の量が多いと感じたら1トーン暗めの色に染めることで自然な髪色に染まりやすくなりますよ。

そして冒頭でもご説明したように、白髪の量が少ないと地毛とは違う明るい色に染まりづらくなってしまうので、そういった方は1トーン明るい色を選ぶことをおすすめします。

髪質で色を選ぶのも大事

髪質は人それぞれで異なり、柔らかい髪の人もいれば元から固めの髪質だという人もいると思います。

白髪染めトリートメントを使うと、そうした髪質の違いによっても染め上がりの色が変わってくるのです。

ちなみに1本1本の髪が太めの方は白髪が染まりにくく、全体的に髪が細い方は白髪が染まりやすい傾向にあります。

そのため髪が太くて固い方は1トーン明るい色で、髪が細く柔らかい方は1トーン暗い色で染めてみましょう。

人気のカラーだと明るい色に染めても失敗のリスクが少ない

白髪染めトリートメントでカラーを選ぶ時にどうしても迷ってしまったら、人気のカラーで染めてみるという手もあります。

人気があるということは信頼性が高く、その色に満足している方がたくさんいるという証明にもなります。

ですから迷った時には人気のカラーも選択肢の候補に入れてみてくださいね。

明るい色でもよく染まる!白髪染めトリートメント

ここからは「白髪染めで明るい髪色に染めたい!」と思った時にぜひ使ってみてほしいおすすめの白髪染めトリートメントをご紹介していきます。

「明るい色へ染めるためにはどの白髪染めトリートメントを使えばいいのだろうか?」

と悩んでしまったら、以下のような白髪染めトリートメントを使ってみましょう。

利尻ヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(シコン、クチナシ、ウコン、アナトー)

美髪成分 利尻昆布エキス、アルニカ、ローズマリー、セイヨウキズタ など全28種類

トリプルPPT成分、ヒアルロン酸、デンプンポリマー

カラー 4色

ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン

ブラック

白髪染めトリートメントの中でも特に人気が高い利尻ヘアカラートリートメント。

そんな利尻ヘアカラーには利尻昆布が配合されていて、その中に含まれるフコイダンが優れた保水効果で髪に潤いを運んでくれます。

また、カラーバリエーションは全部で4色あり、自分好みのカラーに染めることができますよ。

ちなみにそのカラーには次のような特徴があります。

  • ライトブラウン‥最も明るく赤みが強い
  • ナチュラルブラウン‥ナチュラルな色合いに仕上がる
  • ダークブラウン‥控えめな茶色
  • ブラック‥自然な黒髪に染まる

そして、利尻ヘアカラーの人気色はダークブランとなっています。

自分にはどの色が合いそうかを考慮しながら、ぴったりのカラーを選んでみてくださいね。

ルプルプヘアカラートリートメント

内容量 200g
価格 3,000円
染料 塩基性染料

HC染料

天然染料(ベニバナ、クチナシ、アイ葉)

美髪成分 ガゴメ昆布エキス
カラー 5色

ブラウン・モカブラウン・ダークブラウン

ソフトブラック・ナチュラルブラック

ルプルプヘアカラートリートメントは利尻ヘアカラーに劣らない人気ぶりで、天然染料だけが使われていることから安全性の高さもうかがえます。

そしてルプルプにはガゴメ昆布が配合されていて、その中に含有するフコイダンが傷んだ髪をツヤのある若々しい髪へと生まれ変わらせてくれますよ。

ルプルプの気になるカラーバリエーションはというと、

  • ブラウン‥最も明るく赤みが強い
  • ダークブラウン‥赤みを少し感じる抑えた茶色
  • モカブラウン‥明るさと暗さのバランスが整っている色合い
  • ソフトブラック・ナチュラルブラック‥自然な黒色

このように、5色から選ぶことができます。

中でも人気が高いカラーはモカブラウンとなっていて、5つの中だとちょうど中間あたりの色になります。

モカブラウンは真っ黒になるというわけではなく、光に当たるとほんのり明るさを感じる仕上がりになるのでとてもおすすめですよ。

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

内容量 300g
価格 3,334円
染料 塩基性染料

HC染料

美髪成分 アロエ、カンゾウ など全16種類
カラー 5色

ライトブラウン・ローズブラウン・マロンブラウン

ダークブラック・ナチュラルブラック

レフィーネヘッドスパトリートメントカラーは、頭皮と髪のケアに特化した白髪染めトリートメントです。

レフィーネに含有する泥が、頭皮と髪に溜まった汚れを取り除いてくれますよ。

さらにレフィーネの魅力的なところが、2色以上のカラーを1つに混ぜてオリジナルの色を作れるというところです。

自分の理想とするカラーを作り出せるというのはすごく嬉しいですよね。

ちなみにカラーバリエーションには以下の5つがありますよ。

  • ライトブラウン‥黄色味が強い金髪のような色
  • ローズブラウン‥明るさと赤みが強い
  • マロンブラウン‥赤みがほとんどない茶色
  • ダークブラウン‥明るさと赤みが控えめな色合い
  • ナチュラルブラック‥日本人らしい黒髪に仕上がる

見て分かる通り、自分好みに色を混ぜる前であっても豊富なカラーバリエーションがあります。

自分に合った色を実現させてくれるレフィーネは、白髪染めをさらに楽しくさせてくれそうですね。

白髪を明るめの色に染めたい方や、自分が求める色へ染めたい方にはぜひ使ってみてほしいです。

まとめ

白髪染めトリートメントであっても明るい色に染められるものはたくさんありました。

しかし、白髪の状態から明るい色へ染めるとなれば自分の思い描くように染め上がらない可能性もあります。

ですから冒頭でもお伝えしたように、正しい白髪染めトリートメントを選んで失敗をリスクを減らしてしまいましょう。

そうすることで、白髪染めトリートメントがあなたの髪を理想の髪色へと導いてくれますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白髪染めトリートメントで髪を茶髪に染めることはできる?