白髪染めトリートメントを白髪以外の髪に使ってもキレイに染まるのか?

「白髪染めトリートメントで髪を染めたい!だけど白髪以外でもちゃんと染まるのかな?」

髪や頭皮の傷みを心配せずに白髪を染められる白髪染めトリートメントですが、白髪以外の髪を染めるとなった時、このようにふとした疑問がわいてくることもあるかと思います。

やはり、たとえ白髪が生えていなくても髪や頭皮の健康を考えると、白髪染めトリートメントを使って染めたいと望む方もいらっしゃることでしょう。

そこでこれから、白髪染めトリートメントは白髪以外の髪でも染まるのか、その真実についてお伝えしていきます。

今後白髪染めトリートメントを使用して白髪以外の髪を染めたいと考えている方は必見です!

白髪染めトリートメントで白髪以外の髪を染めることは可能?

さっそく白髪染めトリートメントで白髪以外の髪を染めることは可能なのかという疑問に対する答えから見ていきましょう。

どんな髪色へ白髪染めトリートメントを使用するかによって、染めた後の仕上がり具合は異なります。

現在のあなたの髪色と照らし合わせながら、もしも白髪染めトリートメントを使用したらどんな仕上がりになりそうか、ご自身で想像してみてくださいね!

黒髪に白髪染めトリートメントを使用しても髪色の変化はほとんど無い

黒髪の状態で白髪染めトリートメントを使用する場合、髪色の変化はほとんどありません。

なぜなら髪を脱色した後に色素を定着させて染めるヘアカラーと違い、白髪染めトリートメントは髪を脱色しないまま髪の表面へ色素を付着させることで染まる仕組みだからです。

このような染め方の違いから、黒髪に白髪染めトリートメントを使用してもなかなか思うように染まらないという悲しい出来事につながってしまうのです。

そのため白髪以外の黒髪から違う色へ染めたい時は、白髪染めトリートメントではなくその他にある手段を取った方が良いと言えるでしょう。

白髪以外でも明るい髪色なら染めることは可能

白髪以外の髪であっても、明るい髪色であれば白髪染めトリートメントを使って染めることができます。

色の濃さが強い黒髪と比べて、明るい髪色の場合は髪に入り込んだ色素が目立ちやすいからです。

ですから元々ヘアカラーで髪色を明るくしていた方や、生まれつき地毛の色が明るめの方だと白髪染めトリートメントでもしっかり染まるということになります。

このようなことから、白髪染めトリートメントは黒髪以外の明るい髪色をそれよりも落ち着いた髪色へ戻すまたは染める時に有効ですよ。

上記に該当する方々はぜひ、髪や頭皮に優しい白髪染めトリートメントを使用してみてくださいね!

白髪以外の髪があっても大活躍する白髪染めトリートメント!

白髪以外の髪では黒髪か明るい髪色かで見た目の満足度に違いが出てしまう白髪染めトリートメントですが、それでも白髪以外の髪に使用するメリットはたくさんあります!

ここからはその理由についてお話していきますね。

髪全体の一部分だけに白髪が生えている場合でも柔軟に対応

たとえ髪全体が白髪になっていなくても、白髪染めトリートメントは大活躍します。

なぜなら白髪染めトリートメントは髪全体に対してわずか一部分だけに白髪が生えていても、柔軟に対応することができるからです。

その理由は使用回数を自分で決められるところにあります。

通常、白髪染めといえばたった一度だけ使用すればあとは捨てるのみというものが多く、繰り返し使うことはできません。

しかし自分にとっての適量を定めて使い分けられる白髪染めトリートメントは白髪を染めたい部分だけに塗ることができ、理想の髪色を保てるのです。

こうしたことを考えても、髪全体を通して白髪と黒髪が混じっている時に白髪染めトリートメントを使用するのはすごくおすすめですよ!

黒髪の状態で白髪染めトリートメントを使用すると髪質が若返る

前項では黒髪の状態で白髪染めトリートメントを使用してもほとんど染まらないとお伝えしましたが、それでも黒髪に白髪染めトリートメントを使うメリットはあります。

それは黒髪に白髪染めトリートメントを使うことで、髪質が若返るということ。

豊富な美髪成分を含んでいることが特徴の1つに挙げられる白髪染めトリートメントは、傷んで乱れた髪と頭皮の環境を整えていきます。

ということは、白髪以外の黒髪でも白髪染めトリートメントを使用する目的が髪と頭皮のケアだった場合、白髪染めトリートメントが大活躍することになります。

これだけでも黒髪の状態で白髪染めトリートメントを使うメリットは大いにあると言えるのではないでしょうか。

白髪染めトリートメントは白髪以外の髪でも使うべき!

ここまでの流れから、白髪染めトリートメントは白髪以外の

  • 明るい髪色
  • 傷んでダメージを負った黒髪
  • 部分的に目立つ白髪

これらのうち、どの状況であっても大活躍するアイテムであることが分かりました。

そんな白髪染めトリートメントは、たとえ白髪以外の髪でも使うべきだと私は思います。

上記のいずれかに当てはまる方は積極的に白髪染めトリートメントを使ってみましょう!

白髪以外の髪に向いている白髪染めトリートメントって?

みなさんはもう、どの白髪染めトリートメントを使用するか決めていますか?

ここでは白髪以外の髪に向いているおすすめの白髪染めトリートメントをご紹介していきます。

まだどんな白髪染めトリートメントを選ぶか決められていなかった方は要チェックです!

白髪以外の髪に使うなら「利尻ヘアカラートリートメント」がベスト!

白髪以外の髪に使うなら最もベストと言えるのが、「利尻ヘアカラートリートメント」

利尻ヘアカラートリートメントは無添加で安全という理由から、累計販売本数を2000万本突破している大人気の白髪染めトリートメントです!

それだけに、他の白髪染めトリートメントには無い魅力がたくさん詰まっていますよ。

そこから2つほど、利尻ヘアカラートリートメントの特徴についてご紹介していきますね。

豊富なカラーバリエーションの中から自分に合った色を選べる

白髪以外の髪へ使う白髪染めトリートメントとして利尻ヘアカラートリートメントをおすすめする理由の1つが、豊富なカラーバリエーションであるところです。

ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックと4色展開の利尻ヘアカラートリートメントでは、自分に合った色を選ぶことができます。

ブラック・ブラウンなどと2つのカラーしかない白髪染めトリートメントもある中、いくつもの選択肢から染めたい髪色を選べるのはすごく嬉しいことではありませんか?

ちなみに利尻ヘアカラートリートメントの豊かなカラーバリエーションを実現させているのが4つの植物由来の染料(アナトー・クチナシ・シコンエキス・ウコンエキス)。

髪と頭皮に優しく、強い染毛力を持つ植物由来の染料が、あなたの髪を理想の髪色へと染め上げてくれますよ!

白髪以外の髪であっても優しくしっかりと染め上げる

白髪以外の髪であっても優しくしっかりと染め上げる利尻ヘアカラートリートメント。

利尻ヘアカラートリートメントの美髪成分で一番に注目しておきたいのが、利尻昆布へ含有する”フコイダン”です。

フコイダンには強力な粘りがあり、その粘りが髪と頭皮を優しく包みながら白髪染めをサポートします。

そんな利尻ヘアカラートリートメントは白髪以外の髪を染める他にも、白髪ではない髪を若返らせたい時にすごくおすすめの白髪染めトリートメントとなっていますよ!

まとめ

白髪染めトリートメントは白髪以外の髪色に使用すると染まりづらくなってしまう可能性があるため、髪色が暗めの方は注意しなければいけません。

ですが白髪染めトリートメントでは白髪の悩みだけでなく、度重なるヘアカラーで傷んだ髪や部分的な白髪の悩みを解消することにも向いていますよ。

これまで白髪以外の髪に白髪染めトリートメントを使用したいと考えていた方は、ここでお伝えした内容を参考にしながら今後どうするかをご自身で判断してみてくださいね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白髪染めトリートメントで髪を茶髪に染めることはできる?

白髪染めトリートメントで明るい色に染めたい!そんな時に役立つ商品はコレ!